KOTOKOTO POST vol.25〜夜と読書のススメ。〜

はじめに

僕は夜が好きだ。

夜になると僕は自分の頭の中の世界に入り込んで出てこれなくなる時がある。しんとした世界で。自分と向き合う。今日という日と向き合う。そんな時間が僕はとても好きだ。はたから見たら、何を考えてるのかわからないかもしれないけれど、色々なことが頭の中を駆け巡っている。それでは、KOTOKOTO POST

はじめます。

「夜と読書」にまつわる気になったコト

夜限定の「よみもの」

https://kurashi-no-kihon.com/articles/night

僕の尊敬する松浦弥太郎氏の「くらしのきほん」から、夜にしか読むことができないコンテンツです。ぜひ、松浦さんと夜にちょっと語らう感覚で読んでみてください。心がすっと軽くなりますよ。

夜には不思議な力がある

http://hon-hikidashi.jp/enjoy/46986/

知念氏が言うように、夜に読みたい本というカテゴリはあるように思います。この記事でも挙げられていますが、森見登美彦氏の作品「夜は短かし歩けよ乙女」は夜をテーマにしているんだけど、ワクワクする夜の散歩といった感じで個人的にとても好きです。でも、夜だからこそダークな世界観に没入していくのも、楽しいかもしれませんね。これだから読書はやめられない。

夜×読書×カフェ

https://kinarino.jp/cat8/25875

夜読書ができるブックカフェ。いいですね。
僕の住む田舎にはこういったブックカフェはほぼないです。いつか僕が作れたらいいなあ、と思っています。

夜に読みたい本

泣きたくなったあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です