濃い、カラッ、旨い。湖池屋プライドポテトを食べてみた。

どうも。コトコト(@kotokotobooks)です。

今回は話題のポテチ『湖池屋 プライドポテト』を食べてみました!

引用:KOIKEYA

社長自ら命名。

そもそもプライドポテトというネーミングがいいですよね。

その由来を調べてみました。

コイケヤ『プライドポテト』「売れない時代に売る」方法(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社

上記のサイトによりますと、湖池屋の佐藤章社長自ら命名したということで、『味へのこだわりはどこにも負けない』というプライドをかけた商品という思いで作られたそうです。

確かにラインナップを見ても、「魅惑の炙り和牛」、「松茸香る極みだし塩」と味へのこだわりが強く感じられる商品だということがひしひしと伝わって来ますね。

実際に食べて見た。

こちらがパッケージです。

モダンでスタイリッシュなデザインでつい手に取りたくなるのもうなずけます。

また、サイズ感も片手で持ちやすいので、手軽に食べられるという感覚もあります。

開封すると…

「3種の塩」と風味豊かな国産青のり、そして、アクセントとして3種の唐辛子がブレンドされています。

塩も唐辛子も3種類使うというこだわりっぷりです。

文句なしに、旨いです

あとがき

今回は現在入手可能な『秘伝濃厚のり塩』を食べましたが、とても美味しく、他の2種類も食べたくなりました。

他の2種類にはどんなこだわりが込められているのか?

そして、今後のラインナップはどうなるのか?とても気になります。

今回の商品

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です