【一箱古本市】滋賀県の一箱古本市まとめ【2018】

どうも。コトコト(@kotokotobooks)です。

今回は滋賀県の一箱古本市の情報をまとめます。

10月

ひこねウモレボン市

■ウモレボン市とは…
自宅に埋もれている本たちはつぎの出会いを待っています。
昔は愛読していたけれどももう読まないかなーと思う本、増えすぎた蔵書、ご家族の本…などなど、そんな本たちをひとつの箱につめこんでそれぞれ持ち寄るマーケット。それが、ひこねウモレボン市です。

公式サイトより引用

家に埋もれている本たちに次の出会いを与えるというコンセプトが素敵です。
当日は飲食店などの出店もあるようで、一日ゆったりと本に囲まれて過ごすのも楽しそうです。

開催情報

日時 2018年 10月13日(土) 10:00~16:00
場所 滋賀縣護国神社(Google Mapが開きます)
ホームページ http://umorebon.seesaa.net/

ひと箱古本市@旧水口図書館

ヴォーリズ建築の古い図書館が会場ということで、とても雰囲気が良さそうです。
今年は奈良県の一箱古本市に出店するため参加できませんが、来年はぜひ参加してみたいです。

開催情報

日時 2018年10月14日(日) 9:30~16:30
場所 旧水口図書館(Google Mapが開きます)
ホームページ https://kyutosyo.exblog.jp/27581226/

11月

木之本ひとはこ古本市「いろはにほん箱」

会場となる長浜市の木之本町は「本のまち」と呼ばれ、本と人をつなぐ様々な活動を行っている本好きとしては気になるまちです。

開催情報

日時 2018年11月4日(日) 10:00~16:00
場所 木之本町 大師堂~明楽寺までの通り
ホームページ http://aitakute-shobou.com/?p=461

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です