【2018年】東海地方の一箱古本市情報まとめ【愛知・三重・岐阜】

どうも。コトコト(@kotokotobooks)です。

今回は僕の住む東海地方で行われている一箱古本市の情報をまとめてみました。

愛知県

古書組合も存在し、東海3県では唯一の’古書店街’を持つ愛知県。(上前津-鶴舞間にあります。)
古くからの老舗から、新しい書店まで様々な古書店がある愛知県。
そんな愛知県には、やっぱり様々な一箱古本市があります。

円頓寺 本のさんぽみち

名古屋の古本市といえば「ブックマークナゴヤ」でした。しかし、「ブックマークナゴヤ」は残念ながら2017年を持って終了となってしまいました。
そんなブックマークナゴヤの伝統を引き継ぐ形で生まれたのがこちらの「円頓寺 本のさんぽみち」です。

円頓寺商店街で行っていた「ブクマ古本市」は、出店者の方が出す様々な本を見てまわる楽しみはもちろんのこと、「本」を通じてたくさんの人をつないでくれる、本好きにとってはたまらなく楽しいイベントでした。

そんな「ブクマ古本市」も、昨年の「ブックマークナゴヤ」の終了に伴ってなくなってしまうことに。

円頓寺商店街の両側に立ち並ぶお店と、溢れんばかりの本。
足早にお店を見て回るお客さんから伝わる高揚感。

ふらりと立ち寄った通行人が興味深げに本を覗いていたり、家族連れでゆったり巡っている人もいたり。出店者との話が弾む人の姿も至るところで見かけました。それぞれの人が、それぞれの楽しみ方で古本市を満喫していたように思います。

そんな風景が円頓寺からなくなってしまうのはあまりに寂しい!

ということで、私と同じような思いでいる何人かの有志で、再び円頓寺商店街で古本市をやりたい!と思い、はじまったイベントです。公式ホームページより引用

日時 2018年 10月20日(土)-21日(日)
場所 円頓寺商店街(Google Mapが開きます)
ホームページ https://hon3pomichi.localinfo.jp/

岐阜県

岐阜県は大規模な古本市がいくつかあり、古本市好きとしては行ってみたいイベントが盛りだくさんです。
個人的に自然や温泉など、古本の他にも魅力いっぱいの岐阜県は大好きです。

それでは、岐阜県の古本市を紹介していきます。

美殿町商店街ブックマーケット

岐阜県の「徒然舎」さんのある美殿町商店街で今年から行われているブックマーケットです。

「本好きの、本好きによる、本好きのためのブックマーケット」をコンセプトに
多彩な書店が名前を連ねる、まさにコンセプト通りなブックマーケットです。

もっともっと本が好きになってしまいそう。

余談ですが、公式HPが素敵なデザインで古本市だけでない魅力がたっぷりの商店街です。

日時 2018年 9月16日(日)
場所 美殿町商店街(Google Mapが開きます)
ホームページ http://mitonomachi.com/

一箱古本市 in 本や+α

「ここではだれでも本屋さん」

やっぱりここが一箱古本市の見どころですね。
様々な人が、思い思いの本をヒトハコに詰めて、繋がり合う場所。素敵です。

こちらでは一箱古本後に以下のようなイベントがあり、1日中楽しめそうです。

一箱古本市後のイベント

17:30~18:30  隣のカフェミラマールでディナー会(希望者のみ)

19:00~21:00  読書会『BOOKLOVE(ブックラブ)』

21:30~翌9:00 本やに泊まろう

日時 2018年 10月20日(土)-10月21日(日)
場所 本や+α(Google Mapが開きます)
ホームページ http://poppinz-nico2.com/honya-plus-alpha/

マーケット日和

2017年度は3万人を超える来場者となった規模の大きなマルシェ
その中に古本を扱ったブックマーケットもあります。

規模が大きいだけに出店する際は、念入りに準備をしましょう。

準備に関してはこちらの記事も参考にどうぞ!
【古本市】一箱古本市の出店に必要なもの12選 【出店準備編】

日時 2018年 11月3日(土)
場所 学びの森 市民公園 中部学院大学(Google Mapが開きます)
ホームページ http://marketbiyori.com/

三重県

僕の地元、三重県。
実はまだまだ古本文化は成長途中のように感じています。

古書組合も存在せず、なかなかお店をはじめるのも難しいように思いますが、これからどんどん盛り上がっていってほしいと切に願っています。
むしろ、「僕も盛り上げるためになにかやりたい!」と考えています。

それでは、三重県の一箱古本市を紹介していきます。

熊野古道一箱古本市

‘世界遺産’熊野古道で一箱古本市。
面白い取り組みだと思います。僕も出店したかったのですが、翌日に奈良の古本市に出店があるため見送りました。

ぜひ来年こそは参加したい一箱古本市です。

日時 2018年 9月8日(土)
場所 熊野古道センター(Google Mapが開きます)
ホームページ https://www.facebook.com/events/217106982303268/

伊勢河崎一箱古本市

伊勢の古本屋「ぽらん」さんのご主人が企画されている一箱古本市。
三重県では先駆け的存在だと思います。
店が川沿いに続くという形がなんともいえない風情です。

今年は僕も出店予定です。

日時 2018年 10月28日(日)
場所 勢田川遊歩道・河崎 川の駅周辺(Google Mapが開きます)
ホームページ https://sites.google.com/site/hitohakoise/

さいごに

今回は東海三県の一箱古本市の情報をお届けしました。

気になった方は実際に行ってみるのもいいですし、出店に挑戦してみるのもいいですね。

もし他にも「こんな一箱古本市がありますよ!」とご存知の方は、コメントなどお待ちしております。

▼出店してみたくなった方はこちらの記事もぜひ。
【古本市】一箱古本市の出店に必要なもの12選 【出店準備編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です