三重県のブルーベリー狩りスポット比較!コツや美味しいブルーベリーの選び方も紹介します。

どうも!コトコト(@kotokotobooks)です。

子供達は夏休み真っ盛り。もうすぐお盆も近づいてきており、家族でブルーベリー狩りに出かける方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は僕の地元三重県のブルーベリー狩りおすすめスポットを比較してみます。

三重県北部のおすすめスポット

いなべ市農業公園(いなべ市)

施設情報

所在地:三重県いなべ市藤原町鼎717番地

料金:入園料200円+200円/100g

時期:7月下旬〜8月中旬(予約制


コメント

梅林公園で有名ないなべ市農業公園ですがブルーベリー収穫体験も行なっています。食べ放題ではなく、入園料+収穫分だけの料金になってくるので、ちょっとだけブルーベリー狩りを楽しみたい方には是非おすすめです。

評価
コスパ
(3.5)
人気
(3.0)
アクセス
(3.0)
食べられる種類
(2.0)
総合評価
(3.5)

公式サイト

いなべ市農業公園公式サイト

愛成ベリー(四日市市)

施設情報

所在地:三重県四日市市貝家町作花台2218

料金:時間無制限食べ放題

大人:1800円

シニア:1700円

小学生:1100円

幼児(4歳以上):800円

時期:6月上旬〜8月末(予約制


コメント

時間無制限食べ放題が嬉しい四日市市の「愛成ベリー」。価格は少しお高めですが、じっくりたっぷりブルーベリーを楽しみたい方にはうってつけのスポットです。また、休憩スペースやお子さんの遊べるスポットを併設しているなど、長時間楽しむためのさまざまな工夫がされているのも◎。

評価
コスパ
(3.5)
人気
(4.5)
アクセス
(4.0)
食べられる種類
(3.0)
総合評価
(4.0)

公式サイト

愛成ベリー公式サイト

Sakura Berry’s Garden(四日市市)

施設情報

所在地:三重県四日市市桜町7818

料金:時間無制限食べ放題

大人:1800円

小学生:1500円

幼児(4歳以上):1200円

時期:6月上旬〜8月下旬


コメント

自然豊かな環境で90種類以上の甘さや香りを食べ比べることができるのがこちらのおすすめポイント。また時間無制限食べ放題なので、さまざまな種類のブルーベリーを心ゆくまで楽しみたい方におすすめしたいスポットです。

評価
コスパ
(3.5)
人気
(3.5)
アクセス
(4.0)
食べられる種類
(5.0)
総合評価
(4.5)

公式サイト

Sakura Berry’s Garden公式サイト

三重県中部のおすすめスポット

伊賀の里モクモク手づくりファーム(伊賀市)

施設情報

所在地:三重県伊賀市西湯舟3609

料金:摘み取り体験(+温泉)

大人:2520円〜

小学生:2110円〜

幼児(3歳以上):1510円〜

時期:7月30日〜8月31日


コメント

伊賀市の有名な体験型農園施設。こちらは食べ放題ではなく、おはなしやクイズでブルーベリーについて学びながら収穫体験と試食ができるというもの。お土産に1パック分の摘み取りもついています。また、体験後は温泉に浸かって汗を流すことができます。こちらはどちらかというとブルーベリーについて学んでみたいという方向けかもしれません。

評価
コスパ
(2.5)
人気
(4.0)
アクセス
(3.5)
食べられる種類
(2.0)
総合評価
(3.0)

公式サイト

手づくりファームモクモク公式サイト

花の木ベリーベリーファーム(伊賀市)

施設情報

所在地:三重県伊賀市大内1988-5

料金:60分間食べ放題

大人:1500円

小学生:1000円

幼児(4歳以上):500円

時期:完全予約制


コメント

60分間食べ放題。また、お土産もついて、大人1500円。なかなか魅力的なコスパ。4部制になっており、各部10名様限定なので、予約が取れるかが難しいところ。短期集中でがっつり食べて、お土産も欲しい欲張りな方にはおすすめです。

レビュー

評価
コスパ
(4.5)
人気
(4.0)
アクセス
(2.5)
食べられる種類
(3.0)
総合評価
(4.5)

公式サイト

花の木ベリーベリーファーム公式サイト

四季の森 ブルーベリーの丘(伊賀市)

施設情報

所在地:三重県伊賀市霧生688

料金:100円/100g

時期:8月上旬〜9月末


コメント

予約不要です。価格も100gで100円となかなか良心的です。

評価
コスパ
(4.0)
人気
(2.5)
アクセス
(3.5)
食べられる種類
(3.0)
総合評価
(3.5)

公式サイト

四季の森公式サイト

伊賀菖蒲池 ブルーベリー農園 KATO(伊賀市)

施設情報

所在地:三重県伊賀市菖蒲池枇杷垣4074-1

料金:300円(試食程度)

時期:未確認


コメント

公式サイトも2002年から更新が止まっているため、現在営業しているかは確認できていません。確認できましたら、情報の追記を行います。

注意
現在営業していない可能性があります。

レビュー

評価
コスパ
(3.0)
人気
(1.0)
アクセス
(2.5)
食べられる種類
(2.0)
総合評価
(2.0)

公式サイト

伊賀菖蒲池ブルーベリー農園KATO公式サイト

いのさん農園(津市)

施設情報

所在地:三重県津市白山町佐田2562-1

料金:60分間食べ放題

大人:1300円(猪倉温泉金券付き)

小人(3歳〜小学生):500円

時期:7月14日〜8月下旬


コメント

津市の猪倉温泉周辺のブルーベリー狩りスポット。

60分間食べ放題で1300円で、しかも、温泉の割引券付きということで、ブルーベリー狩り後の温泉も幸せですね。こちらのブルーベリーはアントシアニンが通常の2倍含まれているそうです。さまざまな種類のブルーベリーを食べることができ、その数20種類を買えるそうです。

評価
コスパ
(4.5)
人気
(3.5)
アクセス
(3.5)
食べられる種類
(4.5)
総合評価
(4.0)

公式サイト

いのさん農園公式サイト

津ブルーベリーファーム(津市)

施設情報

所在地:三重県津市戸木町東池原389

料金:60分間食べ放題

大人:1000円

小学生:500円

時期:6月上旬〜8月上旬


コメント

他の農園さんに比べて、早い時期からのブルーベリー狩りができます。梅雨の時期がおすすめだそうです。1000円で60分間食べ放題は圧倒的なコスパだと思います!

評価
コスパ
(5.0)
人気
(3.5)
アクセス
(4.0)
食べられる種類
(3.0)
総合評価
(4.0)

公式サイト

津ブルーベリーファーム公式サイト

三重県南部のおすすめスポット

五桂池ふるさと村(多気町)

施設情報

所在地:三重県多気郡多気町五桂956

料金:時間無制限食べ放題

大人:1200円

小人3歳〜小学生):700円

持ち帰り用パック(100g):300円

時期:6月下旬〜8月末


コメント

高校生レストラン「まごの店」でも有名な五桂池ふるさと村。なんと1200円で時間無制限食べ放題。しかも300円で持ち帰り用のお土産までついてきます。コスパ重視の方はかなりおすすめのスポットになります。しかも、食べられる品種は27種類にも及びさまざまなブルーベリーが楽しめます。

評価
コスパ
(5.0)
人気
(5.0)
アクセス
(3.5)
食べられる種類
(4.5)
総合評価
(4.5)

公式サイト

五桂池ふるさと村公式サイト

とこよの郷(鳥羽市)

施設情報

所在地:三重県鳥羽市畔蛸町字大坂127-186

料金:時間無制限食べ放題

大人:1500円

小人(4歳〜中学生以下):1000円

時期:6月中旬〜8月末


コメント

海の見えるブルーベリー農園。この響きだけで素敵ですよね。2014年にできたばかりで、併設のカフェでのブルーベリースイーツも見どころです。ちょっと変わったブルーベリー狩り体験をするならここがおすすめです。

評価
コスパ
(3.0)
人気
(3.5)
アクセス
(3.0)
食べられる種類
(3.0)
総合評価
(3.5)

公式サイト

とこよの郷公式サイト

M’s Farm(度会町)

施設情報

所在地:三重県度会郡度会町葛原1659

料金:60分間食べ放題

大人:1500円

小学生:1000円

幼児(4歳以上):500円

時期:7月末〜9月上旬


コメント

小さなブルーベリー畑でのブルーベリー狩りができます。アットホームな雰囲気を味わえるかもしれません。

評価
コスパ
(2.5)
人気
(2.5)
アクセス
(2.5)
食べられる種類
(2.0)
総合評価
(2.5)

公式サイト

M’s Farm公式サイト

スカイブルーベリー伊勢(伊勢市)

施設情報

所在地:三重県伊勢市柏町522-3

料金:量り売り(200円/100g)

時期:7月上旬〜9月中旬


コメント

食べ放題ではなく量り売りを行なっています。そんなに食べられないという方にとってはありがたいと思います。

評価
コスパ
(3.0)
人気
(3.0)
アクセス
(3.0)
食べられる種類
(3.0)
総合評価
(3.0)

公式サイト

スカイブルーベリー伊勢公式サイト

美味しいブルーベリーの選び方

ここからは実際にブルーベリー狩りに行った時に役立つ美味しいブルーベリーの見分け方をご紹介します。

そのポイントは4つ。

  • 果実の裏までしっかり濃い青紫色になっている。
  • 皮の表面に白い粉(ブルーム)がついている。
  • 軸の付け根が少し黒い。
  • 引っ張って簡単に取れる。

このポイントを踏まえることで、美味しいブルーベリーに出会うことができます。

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:個人的なおすすめは「五桂池ふるさと村」のブルーベリー狩り!

いかがだったでしょうか?

どの農園もそれぞれに良さがありますが、僕個人としては「五桂池ふるさと村」のブルーベリー狩りのコスパに魅力を感じてしまいました。

みなさんは今年どこに行きますか?

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です